店舗と住宅|理想の住まいを見つけるために|魅力的な不動産物件

理想の住まいを見つけるために|魅力的な不動産物件

レディ

店舗と住宅

家族

店舗併用住宅は、一階部分を店舗として使い、2階より上を住居として使う住宅です。つまり、一階部分で商売をやっている人は夜になると2階の住宅に戻ります。これによって出勤時間が無くなり、非常に効率的な生活が営めるのです。 店舗併用住宅は基本的に、通常の一軒家より少し大きいくらいの規模となっています。そのため大型店舗が入るには若干狭いですが、住宅でカフェやネイルサロンなどを開きたいという方には最適な物件と言えるでしょう。個人経営の八百屋なども、店舗併用住宅のものが多いです。そんな店舗併用住宅は中古物件も多いので、興味のある方は不動産会社に問い合わせてみると良いでしょう。不動産会社に依頼することで、購入から賃貸まで、様々なタイプの店舗併用住宅を紹介してもらうことができます。

店舗併用住宅を借りるためには不動産会社を経由する必要があります。不動産会社を経由することでたくさんの物件を見ることができ、よりベターな物件を探すことができるという点で、是非不動産会社を利用したほうがいいでしょう。ですが、不動産会社を経由することで仲介手数料を払わなくてはならなくなります。 そのため、仲介手数料を払わない方法として直接貸主を見つけその貸主と直接契約するという方法もあるのです。この方法が優れている点は、仲介手数料を払わなくていいことはもちろんですが、貸主と借主の間でダイレクトなやり取りができることです。 ただし、貸主を見つけるのはなかなか骨が折れる作業です。どちらがいいかは価値観によって決まるでしょう。